ハチの巣を駆除して安全を確保する|危険カット術

男性

噛まれると痛みが伴う

男の人

ムカデは危険な生き物

ムカデは「百足」と書くように沢山の足と毒々しい色の顔をもつ生き物で、見た目に恐ろしいイメージが沸いてきます。暖かくなる時期より活動を起こし、野外にも確かに多くのムカデがいるのですが、屋内のゴキブリや小さな虫を捕食するために人入することもしばしばです。日本国内だけでも150種類近くのムカデが生息しており、いつ何時襲われるかわかりません。昔はその出で立ちや動性により崇拝さえされていたのですが、今では忌み嫌われる危険生物となりました。ムカデはよく布団の中や靴の中に忍び込んでいることが多く、突然我慢できない痛みに襲われます。ムカデに噛まれると「ヒスタミン」や「ポリペプチド」などの毒素が体内に侵入し、時にはアナフィラキシーショックにより重篤となることもある。

駆除についての豆知識

このようなムカデとは同じ屋根の下で暮らす訳にもいかないので、ムカデ駆除を自ら行うか、業者に依頼することとなります。ムカデ駆除と一言で言っても値段も方法も異なります。一般的なものとして「近づけない方法」、「侵入前後のムカデ駆除」、「目の前のものを駆除」などです。特に夜行性ということで、人間の寝静まった頃行動を起こすので、尚更タチが悪いと言え、素人にはなかなか退治駆除するのは難しいこともあります。現在営業している害虫駆除の業者は農薬散布を行うことでムカデ駆除をおこなっております。しかしこれだけでは駆除したことにはならず、また新手のムカデがやってきてます。駆除には数千円から数万年の費用がかかります。